デルフト窯/オランダ 水指 delft/holland water jar

デルフト窯/オランダ

デルフト(オランダの南ホラント州にある基礎自治体。デン・ハーグ市街地の南に隣接し、一体となって広域市街を形成している。オランダの古都であり著明な観光地)で製作されたスズ釉陶器およびその窯。広義にはオランダで焼かれたすべてのスズ釉陶器をいう。
16世紀中頃,フランドル南部のアントワープの陶芸の影響により開花、17世紀には中国磁器を写した陶器と青色および多彩色の絵付けのタイルの生産によって一躍有名となり、その製品は広くヨーロッパ各国に輸出された。以後アムステルダム、ロッテルダム、ハールレム、ホールンなどオランダ各地で焼かれたすべてのスズ釉陶器をデルフト陶器と呼ぶようになった。