小峠丹山 芒ニトンボ之絵茶碗 kotouge, tanzan japanese pampas grass and dragonfly

小峠丹山 1946(昭和21) -

昭和21年 姫路市に生まれる。
昭和44年 伯父の真葛焼宮川香斎に師事。益子・島岡達三(人間国宝)に師事。
昭和49年 京都・宇治丹山に丹山窯を開く。三島・伊賀の作品を中心に、呉須赤絵・仁清・祥瑞・染付などを手がける。先人が創り出した技術を体得しながら、独自のものをあみだそうと研鑽を積む。
昭和51年 日本伝統工芸展初入選
昭和56年 日本工芸会正会員
日本伝統工芸展4回入選
日本伝統工芸会近畿展9回入選
京都府工芸美術展8回入選
京焼・清水焼展 市長賞