十二代 高取八山 高取水指 the 12th takatori, hachizan takatori water jar

十二代 高取八山 

筑前黒田藩の御用窯であり、遠州七窯の筆頭である高取焼。初代八山・八蔵重貞から一子相伝で受け継がれる高取八山は、現在13代目。四百年を経た現在も、長石や陶土を唐臼で搗き、登り窯や穴窯による焼成による作品を制作している。多彩な釉薬を用いて表現する繊細優美な「綺麗さび」の世界を展開している。11代静山は高取中興の祖。