清水公照 幅 「鶴ノ図 吉歳上上」 shimizu, kosho "crain"

清水公照 1911(明治44)- 1999(平成11)

清水 公照(しみず こうしょう、本名:清水 睦治(しみず むつじ)、1911年1月3日 - 1999年5月6日)は、華厳宗の僧侶。兵庫県飾磨郡曽左村(現・姫路市)出身。
第207世、第208世東大寺別当、華厳宗管長となり、大仏殿昭和大修理を行った。独特の味わいのある書画、陶芸で知られる。1963年頃から「泥仏(どろぼとけ)」と称するユニークな小さな仏像を制作した。泥仏庵と号す。また、「今良寛」の異名がある。

1927年:東大寺塔頭宝厳院に入寺。清水公俊の下僧名公照となる。
1933年:龍谷大学文学部仏教学科卒。天龍寺の関精拙のもとで4年間参禅。
1937年:東大寺塔頭龍蔵院、同上生院住職となる。
1945年:終戦を出征先の中国廬山で迎える。師父清水公俊大僧正死去。
1946年:帰国。東大寺塔頭宝厳院住職となる。
1947年:今日の東大寺学園中学校・高等学校の前身・青々中学を創設、校長となる。書道教師を兼任、あだ名は「ネギ坊主」だった。
1959年:東大寺勧学院院長。
1963年:東大寺学園幼稚園園長、女子学院院長となる。
1969年:華厳宗宗務長、東大寺執事長、学校法人東大寺学園理事長となる。
1971年:大仏殿大屋根昭和大修理のため以後10年に亘る活動を始める。
1975年:上司海雲別当の死去に伴い、大僧正、華厳宗管長、東大寺第207世別当就任。
1978年:東大寺第208世別当に再任。
1980年:大仏殿の昭和大修理が完成し、落慶大法要を行う。
1981年:別当を引退し、東大寺長老。仏教伝道文化賞受賞。
1994年:「姫路市書写の里・美術工芸館」が開館し、名誉館長に就任。
1999年:死去。