水月窯 粉吹風茶碗 suigetsu pottery powder-coated bowl

水月窯(すいげつがま)

人間国宝であった故・荒川豊蔵の流れを受け継ぎ、虎渓山(多治見市虎渓山町)の広い山林を寺から借り受け昭和22年に築かれた。水月窯の命名は、南禅寺の管長でもあった故・島田老師のよるものである。豊蔵氏の二人のご子息が中心になり、粉引、染付、鉄絵と変わらないものづくりが行われている。