裏千家 十五代 鵬雲斎 横幅「閑時自養心」 urasenke the 15th sen, genshitsu hounsai "kanji onozukara sinwoyashinau"

裏千家 十五代 千玄室 鵬雲斎 1923(大正12) -

裏千家十五代家元。
茶道裏千家前家元十五代汎叟宗室。斎号は鵬雲斎。若宗匠時代は宗興。現在は大宗匠・千玄室と称する。「玄室」の名は、千家四代目の仙叟宗室が宗室襲名前に玄室と名乗っており、これに因んで十二代直叟宗室が隠居した際に玄室を名乗ったことに由来する。

妻は登三子(1930-1999)。長男は現・家元十六代玄黙宗室。父は十四代碩叟宗室(淡々斎宗室)。姉は茶道家・冠婚葬祭評論家の塩月弥栄子。次弟は納屋嘉治・淡交社社長(1925-2004)。

 

閑時自養心(かんじおのずからこころをやしなう)

余裕のある閑な時に自らその精神を養い、以て他日の用を待つ。
経験し、思考する過程で自分のこころが露わになり、姿を明らかに映し出す鏡のように清らかなこころを養うこととなる。