島岡達三 白釉象嵌縄文大皿 shimaoka, tatsuzo white graze inlay jomon big plate

島岡達三 1919(大正8)- 2007(平成19)

東京市芝区愛宕町(現・東京都港区愛宕)出身の陶芸家。
父は、組紐師島岡米吉。師は、浜田庄司。

1938(昭和13) 府立高等学校在学中に日本民藝館を訪れ、民芸の美に目ざめる。
1941(昭和16) 東京工業大学窯業学科卒業。
1954(昭和29) 益子町に築窯。
1964(昭和39) 日本民芸館賞受賞。
1980(昭和55) 栃木県文化功労章受章。
1994(平成6) 日本陶磁協会賞金賞受賞。
1996(平成8)5月10日 民芸陶器(縄文象嵌)で国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。
1999(平成11) 勲四等旭日小綬章受章。
2007(平成19) 12月11日没・享年88