茶平一斎 トンボ平棗 chahira, isssai dragonfly flat tea container

茶平一斎 1936(昭和11)-

「一斎」の号は、初代一斎が茶道宗家宗偏流家元より頂戴してから当代まで三代に渡って受け継がれている。茶の湯道具専門の漆器店として輪島の地に店を構えたのが昭和22年、漆器店としての歴史は70年ほどになる。
 初代茶平一斎は、輪島に生まれ塗師・板倉昌太郎に師事し塗師としての修行を重ねた。骨董や古道具を好み蒐集しては身近に置き、手に取り愛でていた。この趣味が高じ、年季が明けて一人前の塗師となると茶の湯道具専門の漆器店を開き、その後昭和40年には宗偏流家元から業を認められ「一斎」の号を受ける。茶の湯道具に対する一斎の感性は、その手で作り出す漆器を通して茶道に通じた数寄者、文化人の方々に受け入れて頂けるようになった。
 初代の創業から約半世紀を経た平成4年、長男・良雄は一斎の号を襲名しました。初代一斎に師事した二代目茶平一斎は、襲名後の平成5年に石州流茶道宗家一六代目片桐貞光宗匠より石州流十職の塗師に指定される。真摯な努力で輪島塗の業を確かに継承する一方で、漆器とその意匠のもつ広い可能性に常に想いを馳せながら創作に当たった。