岩木秀斎 火の鳥大棗 iwaki, shusai phoenix big tea container

岩木秀斎  1942(昭和17) -

初代 岩木裕軒 明治8年~大正15年 52歳没
11代駒沢利斎に師事 妻に13代利斎の姉を迎え独立
西賀茂の神光院の智満門主より「裕軒」の号を受ける
大正天皇御大典什器(高御座御椅子など)を謹作

二代 岩木裕軒 明治34年~昭和18年 43歳没
初代裕軒の長男 晩年に佑軒と号す 昭和天皇御大典什器を謹作

三代 岩木秀斎 明治43年~平成19年 97歳没
初代裕軒の三男 淡々斎より「秀斎」の号を受ける昭和天皇御大典什器を謹作に兄と共に奉仕

四代 岩木秀斎 昭和17年生まれ
大学卒業と同時に父 裕軒三代秀斎に師事。
裏千家今日庵出入り方として鵬雲斎大宗匠、坐忘斎御家元のもとで出仕している。
百十会会員 麗捧会会員

岩木秀樹 昭和49年生まれ
裕軒四代秀斎の長男として生まれる
・平成9年同志社大学卒業
・平成13年京都伝統工芸専門学校卒業後
・祖父裕軒三代秀斎、父裕軒四代秀斎に師事 百十会会員 麗捧会会員