二代 鈴木表朔 柳蒔絵大棗 鵬雲斎御書付 the 2nd suzuki, hyosaku willow makie (lacquer) big tea container

二代 鈴木表朔  1905(明治38) - 1991(平成3)

1905(明治38)京都生まれ。本名は貞次。俳号貞路。父・表朔の元で漆塗りの技法を学ぶ。
1926(大正15)21歳のときに聖徳太子奉賛展入選を果たしたのを皮切りに創作活動を開始。
1934(昭和9)流型派工芸展に出品。美術の新潮流に反応した作品を制作する。その後、京展入賞、帝展、文展などに出品を続ける。
1937(昭和12)32歳のときにパリ万国博銀賞を受賞。
1978(昭和53)73歳のときに「現代の工芸作家展」出品、「漆と共に50年」記念個展を開催。1981(昭和56)には、古希記念個展を京都高島屋で開催した。
1991(平成3)逝去。