初代 矢口永寿 染付三宝蓋置 the 1st yaguchi, eiju sometsuke sanpo lid rest

初代 矢口永寿 1870(明治3) - 1952(昭和27)

初代矢口永寿は湯宿の子として石川県に生まれる。本名を岩吉、号を清々軒。
初代永寿は京より永楽和全の門下生(滝口加全ら数名)を招き自邸にて磁窯を築いて、染付もの、倣古作品と精良な作品を作らせる。
1904(明治37)年、山中町東町に「永寿窯」を築窯。
1939(昭和14)年、石川県美術協会評議員に就任。
東京や名古屋の数奇者に作品を販売し、名工と称せらる。
陶芸のほか書画、料理にも秀で北大路魯山人らとも親交を深めた。