福田浩康 住吉蒔絵平棗 鵬雲斎御書付 fukuda, hiroyasu sumiyoshi makie (lacquer) big tea container

福田浩康 

ものづくりへの熱い思いから蒔絵師を志す。金沢美術工芸大学漆工科聴講生を経て、昭和47年初代清瀬一光氏の門を叩く。昭和58年には人間国宝寺井直次氏に学ぶ。昭和62年「日本伝統工芸展」に入選、以来数々の工芸展で入選。現在、金沢市長町の工房で次女と共に伝統の技を守りつつ、さらなる技術研鑽に励む。「ゆっくりと時間をかけて良いものを創ること」がモットー。日本工芸会正会員。