立花大亀 茶杓「丹頂」 tachibana, daiki tea scoop

立花大亀

1899-2005 大正-平成時代の僧。
明治32年12月22日生まれ。臨済(りんざい)宗。大正10年出家。京都大徳寺塔頭(たっちゅう)の徳禅寺住職となる。大徳寺派宗務総長を2期つとめ、昭和38年最高顧問、48年大徳寺内に如意庵を復興して庵主となる。57-61年花園大学長。平成17年8月25日死去。105歳。大阪出身。堺市実業補習学校卒。

茶道に精通し、茶人や書家としても知られている。また、茶の湯や50年代に携わった経済誌の企画を通じ、池田勇人元首相をはじめ、福田赳夫元首相、松下幸之助ら多くの政財界人と交流。禅の教えを元にアドバイスし、「政界の指南役」と言われる。著書に「利休に帰れ」「死ぬるも生れるも同じじゃ」など多数。