十三代 中里太郎右衛門 絵唐津茶碗

十三代 中里太郎右衛門 1923(大正12) - 2009(平成21)

1943年(昭和18年) 東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)工芸図案科卒業。
1951年(昭和26年) 陶彫「牛」により日展初入選。
1965年(昭和40年) 現代工芸美術家協会視察団として欧州、中近東視察。
1967年(昭和42年) 日展会員となる。
1969年(昭和44年) 十三代中里太郎右衛門襲名。
1981年(昭和56年) 「叩き唐津三島手付壺」により内閣総理大臣賞受賞。
1984年(昭和59年) 「叩き唐津手付瓶」により日本芸術院賞受賞。
1985年(昭和60年) 日展理事に就任。
1992年(平成04年) 佐賀県重要無形文化財認定。
1995年(平成07年) 唐津市政功労賞受賞。同年紺綬褒章受章。
1997年(平成09年) 紺綬褒章再受章。
2000年(平成12年) 日本工匠会(日工会)会長就任。
2002年(平成14年) 長男・忠寛に名跡を譲り、得度して逢庵と号する。
2004年(平成16年) 京都造形大学より博士号を授与。
2007年(平成19年) 12月、日本芸術院会員となる。
2008年(平成20年) 旭日中綬章を受ける。
2009年(平成21年) 3月12日慢性骨髄性白血病のため死去。85歳没