菅楯彦 幅「秋山幽栖」 suga, tatehiko "shuzan yusei"

菅楯彦 1878(明治11) - 1963(昭和38)

明治11年鳥取市生まれ。本名は藤太郎。菅盛南の長男。幼いころ父とともに大阪に移住。11歳の時に父が病に倒れたため高等小学校を2年で中退し画業に入り、「盛虎」と号して襖絵を描くなどして生計を助けた。父の没後は特定の師につくことなく、襖絵や幻灯絵の彩色を手伝いながら、自作の縮図帖により、四条派、狩野派、土佐派、浮世絵派などを模写し研究した。さらに寸暇を惜しんで勉学を怠らず、漢学を山本梅崖に、国学・有識故実を本居派の鎌垣春岡について学んだ。この時、師の春岡の楯彦の号をもらう。「国を守る男子」という意味の「楯彦」は、『万葉集』から引用したもの。また明治34年に大阪陸軍地方幼年学校の嘱託となり美術と歴史を教えていた時に、松原三五郎に洋画を学ぶ。さらに翌年には、森正寿に師事して雅亮会に入って舞楽を学んだ。晩年には四天王寺舞楽協会長を勤め、伝統の雅楽保存に貢献。昭和33年に日本画家として初めてとなる日本芸術院賞・恩賜賞を受賞、昭和37年には初の大阪名誉市民に選ばれた。昭和38年、85歳で死去した。