加藤芳右衛門 赤お里べ火入 kato, yoshiemon red oribe hiire (firing container)

加藤芳右衛門 1932(昭和7) - 2009(平成21)

昭和7年、岐阜県無形文化財保持者の加藤十右衛門の長男として生まれる。
なお、次男・光右衛門(山十窯)、三男・彌右衛門(大萱窯)。
幼い頃より父より陶芸の手ほどきを受ける。
父の八坂窯を受け継ぎ、桃山時代の作風を感じさせる志野、織部、黄瀬戸の茶陶を中心に制作。
名は十鳳。昭和49年、芳右衛門を名乗る。 特に千家流茶道との関係が深い。