加藤光右衛門 織部茶入 kato, koemon oribe hiire (firing container)

加藤光右衛門 1937 -

本名、光夫
1937年 岐阜県で生まれる
1982年 岐阜笠原に窯を築く
山十窯 美濃焼伝統工芸士、名古屋茶道工芸金鱗会会員
高校卒業後、岐阜県無形文化財保持者で あった父・十右衛門に師事し作陶を学ぶ
のち笠原の地に山十窯を開き、父親譲りの作風で黄瀬戸、美濃伊賀の花入、 水指、引出し黒の茶碗など茶陶を中心に活動
芳右衛門、弥右衛門の三兄弟として知られる
また、中日国際展や朝日陶芸展などの公募展でも活躍し、個展も数多く開催