【売却済】二代 前端春斎 青貝莨入 the 2nd maebata, shunsai mother-of-pearl tobacco-container

二代 前端春斎  1936(昭和11) -

石川県出身の加賀塗師・蒔絵師。中村宗哲門下の塗師・村田道寛に茶道具形成を学び、加賀蒔絵の技法を保谷美成に学ぶ。

大徳寺瑞峯院本堂重要文化財解体修理の古材で棗などを制作する大役を任され、この他にもローマ法王や天皇陛下などに作品を献上。

初代前端春斎は生没年不明となっており、初代の長男である前端雅峰(まえばたがほう)が二代目を襲名、さらに二代目の長男が三代目を襲名して当代に至る。
二代目、三代目ともに、親である先代に師事、また、中村宗哲の門下である村田道寛や加賀蒔絵の職人の保谷美成にも師事していた。単なる “塗” の技術だけではなく、蒔絵の技術を上げるべく意欲的に取り組み、前端春斎ブランドを構築。その結果、久田宗也の展覧会や裏千家坐忘斎の茶会にも作品を出品・制作し、茶道界から高い評価を受けている。二代目が49歳の時に三代目が前端春斎を襲名。