十五代 松林豊斎 朝日焼鹿背火変わり茶碗 鵬雲斎御書付 the 15th matsubayashi, hosai asahi kase bowl

十五代 松林豊斎 1950(昭和25)-

京都市出身。

武蔵野武術大学造形学部を卒業。
京都府立陶磁器訓練校にて轆轤形成技法を、また、名古屋工業技術試験場にて釉薬の基本を学んだ。
父先代豊斎(猶香庵)に師事して、朝日焼の伝統技法を修行。

作品では朝日焼特有の肌色釉薬に斑紋を施した御本茶碗や煎茶器など使い手側にたった作陶を
心がけている。

陶印は「朝日豊斎」「豊斎」「朝日」など