前端雅峰 砂張銀溜青海盆 maehata, gaho green plum tray with copper alloy by traces of silver

前端雅峰 1936(昭和11)-

山中塗の塗師。伝統工芸士。

前端家八代目、前端春斉の長男に生まれる。
村田道寛師に茶道漆芸、中村長寛師に石地塗り、保谷美成師に加賀蒔絵を学ぶ。
財団法人無限庵(石川県指定文化財)を設立。
2003年には国の重要文化財建長寺修復事業を拝任。
明仁天皇に献上の沼津御用邸千本松の古材を以て棗、香合、炉縁の謹作栄誉を受く。
ローマ教皇ヨハネパウロ2世に献上の吹雪聖餐器を不徹斎家元の依頼で謹作。
一つの作品を作る時「宝石を扱っているような気持ちでなければ」という心で仕事をし、
作品そのものが評価のモノサシであるべきだと考えている。
本当に価値あるものを後世に伝えたいという使命にて、今でも “生涯一棗師” の旺盛な創作意欲と向上心は衰える事を知らない。