初代 諏訪蘇山(帝室技芸員) 青磁端反盂 the 1st suwa, sozan celadon bowl with outward-curving rim

初代 諏訪蘇山 1851(嘉永4) - 1922(大正11)

初代 諏訪蘇山〈1851年6月24日(嘉永4年5月25日)- 1922年(大正11年)2月8日〉は、明治、大正時代の陶芸家。名は好武。別号は金水堂、精斎。旧加賀藩士。帝室技芸員。