堀山城 四方形龍耳花入 享保年時代 大西浄心極 hori, sanjo square vase with handle of dragon

堀山城 

堀家(ほりけ)は、江戸時代に幕府の御用釜師を勤めた釜師。
京名越家初代三昌の次男の浄栄が元和元年(1615)幕府の召に応じて江戸に下り、御釜并銅物御細工御用を命ぜられ、元和三年(1618)山下御門外川岸通りに御細工地面を拝領し堀山城守を名乗ったところに始まる。二代浄甫に子がなかったため、明暦二年(1656)京都の鋳物師和田信濃(大掾国次)の次男吉五郎を養子とし、天和二年(1682)三代山城を継がせる。三代山城まで幕府の御釜師となっているが、越後堀浄親の『釜師の系譜』に元禄十五年死去とあり、元禄十七年宝永元年(1704)『武鑑』に名がないところから、この頃に御釜師でなくなっていると思われる。四代山城が正徳二年(1712)病気のため隠居し、早世。二代浄甫の甥藤兵衛が五代目を名乗るが、正徳三年(1712)山城河岸の細工屋敷を召上げられ、替地見立願もせず、正徳六年(1716)歿す。六代善太郎が姓を山城と改める。八代藤兵衛が天明六年(1786)五代以前の由緒をもって幕府に願い出、翌年正月御細工頭支配の御用釜師となる。九代藤兵衛没後に門人で尾張笠寺の人立松倉助が山城を名乗る。


堀家歴代
初代 山城 弥助、清光、浄栄(浄甫)
二代 山城 弥助、清光、浄甫(浄栄)、天和二年(1682)歿
三代 山城 弥助、吉五郎、浄珉、和田国次の次男、元禄十五年(1702)歿
四代 山城 弥助、正徳二年(1712)隠居
五代 山城 藤兵衛(弥兵衛)、清次、正徳六年(1716)歿
六代 山城 善太郎、五代の子
七代 山城 藤兵衛
八代 山城 藤兵衛
九代 山城 藤兵衛、嘉永二年(1849)歿
十代 立松山城 倉助、光定、浄和、九代門人、大正四年(1915)歿八十三歳
十一代 立松山城 光之、浄晃、十代の子、昭和十四年(1939)歿六十二歳
十二代 立松山城 啓臣