加賀瑞山 七宝つなぎ茶碗 kaga, zuizan shippo pattern (of overlapping circles) bowl

加賀瑞山

江戸時代中期に沼波弄山(ぬなみろうざん)が創始した萬古焼 (古萬古) は、京焼の技法に倣って茶碗の写し物から始まり、やがて華麗な色絵と異国趣味を特徴とする陶器として好評を博した。弄山の没後に一時途絶えた萬古焼だが、桑名の田町に生まれた森有節が再興し (再興萬古) 、明治時代には四日市などへと広がり、急須や土鍋の生産は三重県を代表する産業にまで成長を遂げる。量産を可能にした四日市と一線を画した桑名の萬古焼は、茶陶や工芸品としての萬古焼が持つ本来のあり方を追求し、佐藤久米造、松岡鉄次郎、森翠峰、加賀月華、初代 加賀瑞山などの陶芸家が活躍した。