白井半七 蔦茶碗 shirai, hanshichi ivy bowl

白井半七  1928(昭和3) - 1987(昭和62)

白井半七は江戸・今戸焼を代表する陶芸家。初代白井半七は京都の土風炉師より技法を修得したとされ、貞享年間(1684-88)頃に土風炉や種々の茶器を制作したと伝えられる。二代白井半七は初代の技法を継承するとともに、享保年間(1716-36)頃に瓦器に施釉した楽焼風の軟陶を制作して「今戸焼」と呼ばれた。四代~五代頃より、京都の伏見人形の影響を受けた「今戸人形」を制作、浅草寺参詣等の土産物として天保年間(1830-44)頃に隆盛した。七代白井半七は1923(大正12)年の関東大震災で被災して窯が崩壊した事により、兵庫県伊丹市に移窯。四代~六代は「芦斎」、七代は「楽半」と号し、七代までを「隅田川半七」、「隅田川焼」、「今戸焼」と呼ぶ。現在は東京都台東区今戸で、分家となる五代白井靖二郎が今戸焼を守り伝えている。八代白井半七は小林一三の招きによって兵庫県宝塚市に移窯し、仁清・乾山写し等の華やかな京焼の作風を取り入れた。九代白井半七は1980(昭和55)年に兵庫県三田市大原に移窯。


九代白井半七は、乾山写を得意とした父・八代白井半七の作風を受け継ぎ、1980(昭和55)年に兵庫県三田市大原に移窯した。父とともに料亭「吉兆」の創業者・湯木貞一と親交が深く、会席具や湯呑み等の吉兆好の作品も多く残した。