伊勢崎淳(人間国宝) 備前耳付花生 isezaki, jun bizen vase with handle

伊勢崎淳(人間国宝) 1936(昭和11年) -

伊勢崎陽山の次男として生まれ、幼い頃から陶芸を学び1959年に岡山大学特設美術科を卒業。

花器、皿、茶陶のほか陶壁、オブジェなど、伝統的なものから造形志向の作品まで、幅広く取り組む。

制作にあたっては成形と焼成を重視。素材と窯(穴窯、登窯、電気窯)の特徴を生かした現代感覚あふれる作風を持ち味にしている。また、レリーフ作家としても、数多くの作品を発表している。

1966年日本工芸会正会員に認定、1978年から9年間、岡山大学特設美術講師。

1998年に兄である伊勢崎満とともに兄弟そろって岡山県重要無形文化財保持者に認定。
同年、日本工芸会中国支部幹事長を勤める。

2004年7月、国指定重要無形文化財保持者となる。