吉賀将夫 萩窯変花瓶 yoshika, hatao hagi firing-denatured vase

吉賀将夫  1943(昭和18) -

よしか はたお。昭和18年1月2日生まれ。吉賀大眉(たいび)の子。

郷里の山口県萩(はぎ)市で父の指導のもと萩焼を制作。
昭和50年日展に初入選し、58年特選。
創意にとんだ独自の萩焼を生みだし、平成12年萩釉広口陶壺「曜'99・海」で芸術院賞。
山口大教授。東京芸大卒。