【売却済】二代 矢口永寿 吉田屋写鉢 the 2nd yaguchi, eiju copying yoshida-ya sweets bowl

矢口永寿

初代 矢口永寿 1870(明治3)- 1952(昭和27)
初代矢口永寿は湯宿の子として石川県に生まれる。
本名を岩吉、号を清々軒という。
1904(明治37)年、山中町東町に「永寿窯」を築窯。
1939(昭和14)年、石川県美術協会評議員に就任。
東京や名古屋の数奇者に作品を販売し、名工と称せられた。

二代 矢口永寿 1900(明治33)- 没年不詳

三代 矢口永寿 1941(昭和16)年生
名古屋に生まれる。
1965(昭和40)年、伯父・2代矢口永寿に師事。
1987(昭和62)年、三代矢口永寿を襲名。
仁清、乾山、染付、祥瑞を中心に制作。

四代 矢口永寿
現在は四代が窯を継いで、作陶を続けている。