廣州窯(韓国) 三島茶碗 拾客

廣州窯  利川市(韓国京畿道)

高麗、李朝時代から作られた井戸、三島、小引、ととや、熊川、御本などの茶碗は高麗茶碗と名付けられ、桃山時代から佗び茶に愛玩され、あるものは大名物、名物と品等づけまた風流な銘をつけて世に伝えられてきた。

韓国は中国大陸とならび政界屈指の陶磁生産国として古くから優れた多くの名品を生み出し、日本の陶芸発展に及ぼしたその技術の影響は非常に深く陶磁史上これほど両国のつながりの深いものはない。