三代 諏訪蘇山 青瓷鳳凰耳付花入 the 3rd suwa, sozan celadon vase with handle of chinese phoenix

三代 諏訪蘇山 1932(昭和7)- 2005(平成17)

三代 諏訪蘇山は二代諏訪蘇山の弟・米沢蘇峰の次男として京都に生まれ、二代の養子となる。本名を修という。

1955(昭和30)年 京都市立美術大学陶磁器科を卒業。1970(昭和45)年 三代諏訪蘇山を襲名。 1971(昭和46)年 光風会審査員に就任。 1976(昭和51)年、京都市美術展審査員に就任。 2002(平成14)年 古希を機に三女・公紀に家督を譲って隠居、「玄心」と改名。