三代 角谷与斎 松地紋鶴首羽釜 kakutani, yohei pine pattern iron kettle with a long slender neck

三代 角谷与斎 1938(昭和13)- 

釜師二代角谷興斎の長男として生まれる。大阪市立工芸高校金属工芸科卒。父に師事。大阪の釜師で裏千家出入り職方。昭和45年三代与斎を襲名。茶道具の制約を破ることなく新しい道具、「生きもの」となる釜づくりに心血を注ぐ。
初代は巳之助といい、鉄瓶などを制作。