徳田八十吉 陶額「太古の富士」 tokuda, yasokichi ceramic plate "taiko no fuji (primeval fuji)"

徳田八十吉 1961(昭和36) -

1961 石川県小松市にて、人間国宝・三代德田八十吉の長女として生まれる
1980 石川県立小松高校卒業、米国ジェームスタウン高校へ留学
1983 青山学院女子短期大学卒業
1984-86 NHK金沢放送局(ニュースキャスター)
1986-89 父・三代八十吉の秘書、 着物ミッションとして世界各国を訪問
1990 石川県立九谷焼技術研修所卒業 第46回現代美術展入選朝日陶芸展’90入選オーストラリア巡回
1991 陶壁「動輪」制作(JR金沢駅)その後、小松すこやかセンター他でも制作
金平工房完成金平にて創作活動開始
1997 英国ゲーツヘッド市で協働制作した陶壁がジャパンフェスティバル賞・グランプリ受賞
マレーシア・クアラルンプール美術大学で陶芸指導
2010 四代德田八十吉を襲名(同時に順子から八十吉に改名)
2012 日本工芸会正会員に推挙
2015 JR金沢駅コンコース門型柱の陶板制作
2016 曳山250年記念 五彩曳山(小松市)協働制作に参加(2017年、2018年<五彩勧進帳>)
2017 イオンモール新小松の「九谷五彩柱」協働制作に参加(3作)
2018.03 ニューヨーク、大西ギャラリーにて個展