十三代 中村宗哲 日華丸喰籠 nakamura, sotetsu nikkamaru sweets container

十三代 中村宗哲 1965 -

千家十職の塗師。中村家は、400年近く続く塗師の家。当初は蒔絵を施した家具などの製作(「通例塗師」といわれる)も行っていたが、明治時代以降は茶道具の塗師(「型物塗師」といわれる)専業となっている。

千宗旦の次男、一翁宗守(1593年~1675年)は、中村宗哲家の初代八兵衛(1617年~1695年、当時の八兵衛は吉岡姓)の娘婿となり、吉岡甚右衛門を名乗り塗師を営んでいたが、父・宗旦から官休庵(武者小路千家)を譲り受けた際に、家業を八兵衛に譲り吉岡家を出て千家に復した。

現在、当代十三代。2006年(平成18年)に十二代中村宗哲の次女が十三代宗哲を襲名。