角谷一圭 柳鷺地紋筒釜 kakutani, ikkei egrets and willow cylindrical iron pot

角谷一圭 1904(明治37)- 1999(平成11)

1904年(明治37)現在の大阪市東成区深江に10月12日父・角谷巳之助、母・ハルの四男として誕生。本名・辰治郎
1910年(明治43)6歳 この頃、鋳物師の父の仕事を手伝い始める
1925年(大正14)21歳 大阪工芸展に初出品した鉄瓶が受賞
1958年(昭和33)54歳 第5回日本工芸展で「海老釜」が高松宮総裁賞を受賞
1961年(昭和36)57歳 第8回日本伝統工芸展で「独楽釜」が朝日新聞賞を受賞
1973年(昭和48)69歳 第60回伊勢神宮式年遷宮御神 宝鏡31面を謹作
1976年(昭和51)72歳 勲四等瑞宝章を受章
1978年(昭和53)74歳 重要無形文化財保持者(茶の湯釜)に認定
1993年(平成5)89歳 第61回伊勢神宮式年遷宮御神宝鏡31面を謹作
1999年(平成11)95歳 1月14日死去。享年95歳