辻清明 備前徳利 tsuji, seimei bizen tokuri (sake bottle)

辻清明 1927(昭和2)- 2008(平成20)

1927年(昭和2)1月4日 - 東京府荏原郡(現・東京都世田谷区)に生まれる

1941年(昭和16) 姉、輝子とともに辻󠄀陶器研究所を設立し、倒焰式窯を築く

この頃から富本憲吉や板谷波山のもとで学ぶ

1963年(昭和38) 米・ホワイトハウスに『緑釉布目板皿』を収蔵

1965年(昭和40) 米・インディアナ大学美術館に『信楽自然釉壺』を所蔵

1973年(昭和48) 伊・ファエンツァ陶芸博物館に『茶碗』を収蔵

2001年(平成13) 独・ハンブルクダヒトアホール美術館開催の日本現代陶芸展に招待出品

2006年(平成18) 東京都名誉都民に推挙される

2008年(平成20)4月15日 肝臓がんのため逝去。81歳没

 

父・清吉、母・とみ。四人兄弟の末子。陶芸家の辻󠄀輝子は姉。妻の辻󠄀協、子の辻󠄀文夫、甥の 辻󠄀厚成、大甥の辻󠄀厚志はすべて陶芸家。 骨董や古美術を愛好した父の辻󠄀清吉と、その父を頻繁に訪れる古美術商の影響で、 幼少の頃から焼物に惹かれ、学校へはほとんど行かずに陶芸を学んだ。 父にせがんで初めて買ってもらったのが、雄鶏をいただき透かし彫りのある野々村仁清作 「色絵雄鶏香炉」だった(戦火で焼失)。 東京都多摩市に窯を築き、信楽の土を使った焼締を中心に作陶。「明る寂び」と呼ばれる 美意識の表現を目指した。 2017年(平成29年)9月15日から11月23日には没後10年を記念して、東京国立近代美術館 工芸館にて「陶匠 辻󠄀清明の世界 - 明る寂びの美」が開催された。