二代 宮川香雲 紅安南火入 the 2nd miyagawa, koun copying red annamese hiire (firing container)

二代 宮川香雲 1938(昭和13)-

二代宮川香雲は四代宮川香斎(初代真葛香斎)の甥で京都府生まれ六代清水六兵衛に師事1980(昭和55)年、二代宮川香雲を襲名 仁清写、乾山写、金襴手を得意とし、華やかで雅趣に溢れた作風を展開