岡田佳山 釉変瓢水指 okada, kazan glazed gourd water container

岡田佳山 1948年(昭和23年) -

粟田口青蓮院の御用を努め「暁山」の銘を賜った岡田家に生まれる。

京都にて、七代目暁山の技法と母親(岡田華渓)の茜窯から受ける茶陶意匠の影響を併せて学び、独自の路線を歩む。平成10年、八代岡田暁山を襲名。