二代 小川長楽 赤茶碗 銘「邯鄲」兼中斎御書付 the 2nd ogawa, choraku red bowl

二代 小川長楽 1912 - 1991 (明治45 - 平成3)

明治45年 生まれる
昭和14年 二代長楽を襲名
昭和15年 今日庵十四世淡々斎宗匠の推挙にて建仁寺派第五代管長古渡庵頴川老師より「景雲」の号を賜る
昭和18年 芸術保存作家の指定を受ける
昭和30年 芸楽釉楽窯による、白薬・焼貫七彩釉の焼成に成功
平成3年 享年七十八歳にて永眠