二代諏訪蘇山 青瓷袴腰香炉

二代諏訪蘇山 青瓷袴腰香炉

10.6㎝径×10.2㎝高

詳細は下記より お問い合わせください。


この商品について問い合わせる✉

 


二代 諏訪蘇山 1895(明治28)年生

初代 諏訪蘇山(栄三郎、好虎) 1852〜1922年
二代  諏訪蘇山(虎子) 1895〜1977年
初代が九谷陶器会社や錦光山製陶所を経て独立、五条坂に窯を築いた。
そこで青磁を完成、「蘇山青磁」と呼ばれ高い評価を得る。
また、白磁も制作しており、朝鮮李王家のために高麗窯の再興に注力。
二代目は初代の実弟の次女を養子にもらい、
二代目とするべく陶芸の全てを教え、女流作家として活躍。