豊場惺也 瀬戸黒茶碗

豊場惺也 瀬戸黒茶碗

12.5cm径×8.3cm高

共布・挨拶文

お値段等下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

この商品について問い合わせる✉

 

豊場惺也(とよば せいや)


刀剣鑑定家・豊場重春の四男として生まれ、親戚に当たる人間国宝・荒川豊蔵に師事して陶芸を学ぶ。
豊蔵の水月窯に14年勤め、独立してからは窯下窯を築いて唐津、志野、黄瀬戸、粉引に伝統と創作を交えて作陶を行う。
1942年 愛知県で生まれる
1960年 名古屋市立工芸高校木工科を卒業し、荒川豊蔵に師事する
1974年 大萱に窯下窯を築いて独立する
1975年 荒川豊蔵の孫娘と結婚する
1977年 互窯会を結成する。名古屋で初個展を開催する
1985年 作陶25周年展を開催する
1994年 作陶30周年展を各地で開催する
     ドイツミュンヘンで個展を開催する
2000年 作陶40周年展を開催する
2003年 還暦記念展を開催する
2004年 ミノ・セラミックス・ナウ2004に出品する