九代大樋長左衛門 飴釉茶碗

径0.0cm×高0.0cm

お値段等下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

この商品について問い合わせる✉

 

9代大樋長左エ門(おおひちょうざえもん 1901~1986年)

1901年 石川県で生まれる
1917年 石川県立工業学校窯業科を卒業後、父に師事して作陶に励む
1923年 金沢市東山公園麓の松林の中に工房「芳土庵」を設ける
1925年 9代・大樋長左衛門を襲名する
     大徳寺488世全提要宗より「大樋」印を授かる
1930年 宮中、大宮御所の茶室用品の御用命を受ける
1935年 宮中、大宮御所、秋泉御茶室用御茶碗の御用命を受ける
1936年 茶碗12ヶ月作陶展を開催する
1940年 内閣総理大臣・近衛文麿より自筆の「長左衛門」金印を授かる
1942年 工芸技術保存作家の指定を受ける
1958年 日本工芸会正会員となる
1973年 日本陶芸展に推薦招待されて数印黒楽茶碗を出品する
1977年 裏千家15代鵬雲斎宗室より「陶土斎」の号を授かる
1986年 逝去