井上萬二 青白磁線文香炉

径10.7㎝×高12.9㎝ 
共箱・共布

お値段等下のお問い合わせフォームよりお尋ねください。

この商品について問い合わせる✉

 


井上萬二

佐賀県西松浦郡有田町出身
生家は窯元であったが軍人を志し、15歳で海軍飛行予科練習生となる。
1945年:復員し、父親の勧めで酒井田柿右衛門 (13代目)の元で働き始める。
1952年:奥川忠右衛門の作品に衝撃を受け、門下生となり白磁や轆轤の技法を学ぶ。
1958年:酒井田柿右衛門窯を退社し、県立有田窯業試験場の技官として勤務を始める。その傍らで独自の意匠や釉薬の研究に励んだ。
1968年、第15回日本伝統工芸展で初入選を果たす。
1969年:ペンシルベニア州立大学から有田焼の講師として招かれて渡米し、5ヶ月間担当した。海外での活動はドイツなどでの個展や2002年3月のモナコ国王の在位45年記念の展覧会など、多岐にわたっている。
1977年:全国伝統的工芸品展通産大臣賞
1987年:第34回日本伝統工芸展で文部大臣賞を受賞。
1995年:5月31日に重要無形文化財「白磁」保持者認定
1997年:紫綬褒章を受章。
2017年:有田町で息子の井上康徳、孫の井上祐希と共に井上萬二窯と平屋建てのギャラリーを構えている。華やかな絵付けが中心の有田焼の中で、白磁に徹するという独特の制作を続けている。教え子は既に500人、アメリカでも150人を超え、なお後進の育成にも力を注いでいる。